被災地の食事の実情

令和6年能登半島地震から半年が経ちました。
何度か炊き出しボランティアに参加させていただく中で、最初の頃は支給される食べ物は、パン、おにぎりレトルト食品、缶詰の魚などで、野菜はほとんどありませんでした。

しかし、能登半島は、もともと、農家がたくさんありますし、『自宅でも自分たちが食べる分くらいだけでも作ってました』と言う風土があり、だんだんと、被災されている方々がそれぞれに野菜を持ち寄って炊き出しをしている様子をみました。また、炭水化物ばかり取っていて、野菜が摂取できず、便秘になり体調不良になる方が増えました。避難所の方々に何が食べたいかとお聞きしても、「野菜、生野菜」と言う声がよく聞こえました

能登半島地震から学んだ『備えよ常に』

その経験から、「もしかしてこの夏、何かの災害などで野菜が手に入らないような事態に直面するかもしてない。だって、能登の被災者の方々、口をそろえて、『まさか自分がこんな目に遭うなんで、正月の午前中まで思いもよらなかった…』とおっしゃっていた。そうだ、『備えよ常に』の思いから、自宅で夏野菜を育てよう」と思い立ったのです。そして、きゅうり、ナス、トマト、ピーマンなどの夏野菜を育て始めてみました。育て方がわからず調べながらです。取ってはいけない芽を摘んでしまったり、伸ばしてはいけない芽を伸ばしてしまったり、失敗の連続。それでも何とか、育ってほしいという願いを持ち続け、毎日手をかけていましたら、なんとか立派な夏野菜が少しずつ実ってきました。夏野菜は、1日見に行かないだけでグングン育ちます。そののびのびとした成長力から元気を頂きます。今では、野菜のお世話をするのが楽しくて楽しくて、毎朝5時ごろ自然に目が覚めて、すぐ、野菜の側に行っています。

夏野菜と募金活動

本堂では、地震の翌日から募金箱を設置しておりました。1月中は、たくさん募金してくださいましたが、半年たって今では、ほとんどテレビでも放映されなくなり、募金も少なくなってきました。そこで、募金箱の横に採れたての夏野菜を置き、【夏野菜をお持ちいただき、お気持ちを能登半島地震の募金箱に入れてください】とお声かけさせていただきますと、色々な方が、「募金したかったので良い機会でした。キュウリ頂きます」と言って募金箱にお金を入れて行って下さいます。

被災者の方の野菜不足の食生活から、『備えよ常に』を学び家庭菜園で育てた野菜たちが、無関心になりつつあった募金活動にきっかけを与え、みなさんのお気持ちを直接、能登半島地震の支援に生かせるという、図らずも循環活動になっているのです。

1日も早い復興を心より念じております。合掌
文責:善了寺坊守 成田美砂